小学生の頃から英会話スクールに通わせれば自然と英語が身に付く

児童

私立の良いところ

福岡市内には私立幼稚園の数が、市立幼稚園の数よりも圧倒的に多いです。私立では費用は高くなりますが、その分保護者にはありがたいサービスが充実しています。また福岡市では各幼稚園に補助金を交付することで、入園料や保育料を減免する制度を採用しています。

英会話を身につける必要性

女の子

子供が英会話を習う理由

小学校の英語教育が始まりました。今後、小学3年生の必修化と小学5年生の教科化が完全実施される事が決まりました。これからは英語のスクールに通う小学生が増えるでしょう。幼い頃から英語に触れる事は、とても良い事です。最近では世界でグローバルに活躍する人が増えています。世界で活躍する為には世界共通言語である英語を習得する必要があります。日本人は英語が苦手な人が多いです。それは学生時代に文法中心のカリキュラムだったからです。しかし小学生が通う英語の教室では、まず英会話を楽しむ事に重点をおきます。そして聞く、話すを大切にします。子供は吸収力が高く、この時期に英語を学ぶ事で2つの言語を母語のレベルで話すバイリンガルになれる可能性もあります。最近の英会話スクールの講師は授業中は英語しか喋らずダンスや音楽を通じてコミュニケーションを図ります。このような環境なら吸収力の高い小学生なら脳が自然に英会話を受け入れます。それに子供達は楽しい事が大好きなので楽しみながらスムーズに吸収する事が出来ます。難しい文法を習って苦手意識を植え付けるよりも簡単に何不自由なく身につける事が出来ます。もし途中で英会話スクールを辞めても大丈夫です。幼少期に英会話を習った土台があるので、その後の学習がスムーズに進みます。しかし小学生の頃から英語を習うメリットは他にもあります自立性や協調性、積極性などを身につける事が出来ます。そして国際感覚を育てる事にもなります。だから小学生から英語を習う必要があるのです。

男の子

子供の個性と能力をのばす

自由が丘には、特色ある幼児教室が多くあります。大切な時期に、個性や能力を伸ばせそうです。幼児教室に通うことで子供も親も様々なメリットがあります。自由が丘には、優秀な講師が在籍する幼児教室が多く、小学校での授業や学習への意欲も高まります。

保育士

生涯役立つ学び

幼児教室のジャンルも様々で、多くは小学校前までの年齢での教室が開校されています。特に、文字が書けるようになる4歳から5歳頃の子供には、実生活にも、将来の職にも役立つ書道などの美術や芸術向けの教室が人気で、費用もスポーツ系と比較してもリーズナブルです。